• お知らせ

炭素循環型社会に貢献するバイオ由来新素材改質リグニンを含むCFFPおよび改質リグ二ン発泡体の開発

炭素循環型社会、持続的経済成長の実現のための活動の一環として、バイオプラスチック(バイオマスプラスチック、生分解性プラスチック)の社会への導入が推進されています。国としても、「バイオプラスチック導入ロードマップ」を策定し、戦略的に進めています。

この度 スーパーレジン工業では、株式会社リグノマテリアが開発したバイオ由来の素材である改質リグニンを含むエポキシ樹脂を開発致しました。

改質リグニンは、生分解性も有する杉由来の新素材で、現在非常に注目されているバイオマテリアルの一つです。

新規に開発した改質リグニン含有エポキシ樹脂は、ガラス繊維や炭素繊維とのプリプレグ化も可能であり、従来のFRPと同様の製法でのGFRP・CFRP成形が可能です。また改質リグニン含有CFRPは、従来のエポキシ樹脂を使用したCFRP比較しても、同等程度の機械物性値を有しております。

さらに、改質リグニン含有エポキシ樹脂の発泡化にも成功し、バイオプラスチックのみによる改質リグニン含有CFRPと、改質リグニン含有発泡体とのサンドイッチ構造体も可能としました。

改質リグニン含有発泡体

従来プラスチックからのバイオマスプラスチックへの代替えは、枯渇性資源の使用削減だけでなく、原料であるバイオマスの成長過程における大気中の二酸化炭素の固定もあり、カーボンニュートラルにも寄与します。

 

改質リグニンを含むサンドイッチ構造パイプ

(改質リグニンCFRP+改質リグニン発泡体+改質リグニンCFRP)

スーパーレジン工業では、今後の炭素循環型社会を見据えて、FRP分野におけるさらなるバイオプラスチックの開発・実用化を進めます。