DESIGN&TANAIYSIS TECHNIQUE 設計・解析技術DESIGN&TANAIYSIS TECHNIQUE 設計・解析技術

設計

STEP.01

複合材構造の最適化検討

お客様の要求仕様を満足させる複合材料として最適な形状・構造システムの検討し、3D CADによるモデリングを行います。

STEP.02

解析モデル作成と解析シミュレーション

要求性能を満たす最適解を追求します。社内に蓄積された膨大なデータとノウハウに基づき、CAD/CAM,FEMによる熱・構造解析や電波特性の解析などを行い、トータル性能を保証します。

STEP.03

材料選定・繊維配向・繊維、樹脂の含有率の決定

繊維強化材とマトリクス樹脂を選定し、繊維強化材の配向及び樹脂の含有率を決定して複合材構造体の最適解を追及します。

STEP.04

成形型設計・
製作

型材の熱膨張、自重変形、成形のし易さなどを考慮して成形型の最適設計、製作をおこない、製品の品質を保証します。

解析

  • 構造解析

    有限要素解析ソフトで設計した層構成や分割方法、接続方法が、耐環境性能を満足していることを構造解析により確認します。

  • 熱伝導解析

    複合材料の機能的特性を設計に取り込み、異方性熱伝導解析を行います。

  • 電波特性解析

    高周波3次元電磁解析ソフトにより、選定した材料の組み合わせ(層構成)を電磁解析し、最適化を実現させます。