電波透過率最適化

レーダードーム

電波応用分野

お客様の声・要望

お客様の声・要望

レーダードーム(レドーム)は、風、雨、砂、太陽光線などの自然環境からアンテナを保護するとともに、可動式アンテナと人間の接触を予防します。 レーダーが高性能になるにつれ、お客様からは、より電波透過率の高いレドームを低コストで実現することが求められました。

問題解決のポイント

電波解析と構造解析技術とを組み合わせた最適設計

従来のEガラス繊維に代わる、新たな低誘電ガラス繊維材料を用いた物性データを取得しました。
加えて、電波解析と構造解析とにより電波損失の低減と低コスト化を両立させる最適なレドーム構造の設計を行いました。

テーラリングの結果

新材料の適用と構造の最適化により、電波透過率が改善された低コストのレドームを実現しました。
レドーム製造はもちろんのこと、電波設計支援・ソリューション提案まで、お客様の要望実現に向けて、一貫した開発を進めていくことがスーパーレジンのテーラリングです。

  • 新材料の適用

    新材料の適用

    誘電体内の損失は、周波数f、比誘電率Er、誘電正接tanΔに比例する。このことから、誘電正接とともに誘電率Erを低くすることが重要

  • 構造の最適化

    構造の最適化

平行な分布構造から準ランダムな分布構造とすることで電波損失を低減

準ランダムな分布構造でパネル形状を統一することでコスト削減を実現