高精度・高寸法安定性

人工衛星構造体

宇宙分野

お客様の声・要望

お客様の声・要望

CFRPは一般の構造用金属材料に比べて一桁以上大きい比強度、比剛性をもつことから、人工衛星の構体主構造や光学系主構造、太陽電池パドル、リフレクタアンテナなど積極的に利用されています。
各機器が高性能になるにつれ、お客様からは、CFRP構造に対しより高い精度と寸法安定性が求められました。

問題解決のポイント

低熱膨張配向設計と精密組立技術

構体の各部位に応じた適切な強化繊維とマトリックス樹脂とを選定し、詳細な配向設計を行うことで、線熱膨張係数を0.01ppm/℃オーダーでコントロールしました。
とくに三次元の寸法安定性が要求される場合には、CFRP製ハニカムコアを採用することで、面内方向と板厚方向を同時に低熱膨張化します。
また、独自のノウハウによる組立治具により大型構体を高精度に組み立てました。

テーラリングの結果

スーパーレジンの手掛けた人工衛星構体は、宇宙特有の厳しい要求仕様に応えることができました。
現在も複数の衛星が軌道上で活躍しています。
衛星構体の低熱膨張配向設計から精密な成形・加工・組立まで、お客様の要望実現に向けて、一貫した開発を進めていくことがスーパーレジンのテーラリングです。

  • 実例 1

    宇宙望遠鏡の高精度な組立

    宇宙望遠鏡の高精度な組立

  • 実例 2

    観測用アンテナリフレクタの高精度な成形

    観測用アンテナリフレクタの高精度な成形

実例 3

X線検出器の低熱膨張配向設計(ASTRO-EII(すざく)搭載硬X線検出器(HXD))

  • 実例 3

    X線検出器の低熱膨張配向設計(ASTRO-EII(すざく)搭載硬X線検出器(HXD))

    観測用アンテナリフレクタの高精度な成形

  • 低熱膨張配向設計により
    センサ部と構体との熱膨張差を解消