テーラリングによる解決事例

変形抑制・コストバランス

液晶ガラス基板搬送用
ロボットアーム

産業機械分野

お客様の声・要望

お客様の声・要望

液晶テレビの大型化に伴って、大型化した液晶ガラス基板の搬送装置もその対応を迫られました。しかし、長さ2mものガラス基板は重く、従来の金属製ロボットアームでは、アーム自身の自重たわみとあいまった変形量が大きく、基盤が入っているラックのスリットを通り抜けられない問題が有りました。
荷重と自重による変形量が小さく、かつ、産業機器として見合うコストのロボットアームが求められました。

問題解決のポイント

高剛性要求を満足しつつ、
コストバランスの取れた
炭素繊維基材の組み合わせ

高弾性炭素繊維を使用すれば、性能に対する要求は容易に満たすことができましたが、材料のコストが合わないという課題に直面しました。
曲げ剛性に影響しない部分を汎用炭素繊維に置き換えました。

テーラリングの結果

たわみ要求とコスト要求を満たすバランスの取れた構造部材を実現しました。
技術仕様のみならず、コストにおいてもお客様の要望実現に向けて、一貫した開発を進めていくことがスーパーレジンのテーラリングです。

要求仕様

たわみ要求:先端から1200mmのところに1.2kgの荷重をかけ、4mm以下のたわみであること

要求仕様

  • 要求仕様

  • 配向設計(初期)

    先端部:汎用繊維:高弾性繊維=2:1
    根元部:汎用繊維:高弾性繊維=3:1
    →たわみ要求はクリアできたがコスト要求に合わない

    配向設計(最終)

    先端部:汎用繊維:高弾性繊維=4:1
    根元部:汎用繊維:高弾性繊維=5:1