テーラリングによる解決事例

耐候性樹脂開発

自家用車向け、
カーボンエアロパーツ

自動車分野

お客様の声・要望

お客様の声・要望

カーボンエアロパーツは、短期的な使用を前提とするカーレースの世界では広く使用されていますが、自家用車向けの純正パーツとしては、長期間の使用が前提となるため、太陽光による色味の劣化がないことが求められます。
色味の劣化のない、カーボン柄の外観部品の美観を長期間維持できる素材が要求されました。

問題解決のポイント

樹脂のカスタマイズによる耐候性樹脂の開発

太陽光によるパーツの劣化プロセスを解析し、それに対応する機能をもった光安定剤を樹脂に添加しました。

  1. 1.紫外線吸収機能の追加

    紫外線が樹脂を攻撃する前に紫外線を吸収し、光エネルギーを熱に変換

  2. 2.ラジカル捕捉機能の追加

    光を吸収した後の化学反応を抑えて間接的に光劣化を抑制

テーラリングの結果

要求仕様に合致した耐候性のカーボンエアロパーツの開発に成功しました。
強度・剛性設計のみならず、用途に応じた樹脂のカスタマイズにより、お客様の要望実現に向けて、一貫した開発を進めていくことがスーパーレジンのテーラリングです。

耐候性の向上

耐候性の向上

*色差(ΔE)とは

「色ズレ」の程度(色差)を数値化したもの「ΔE」は、L*a*b*系(CIE 1976)従って、評価することができる。
(L:明度;a:色調;b:彩度)

色差(ΔE)は、数値が低ければ低い方が耐候性に優れています

  • 標準的なエポキシ樹脂

    表面が黄色く変色し、色差⊿ E=2.1

    標準的なエポキシ樹脂

  • スーパーレジンが開発した対候性樹脂

    ほとんど変色は見られず、色差⊿ E=1.3

    スーパーレジンが開発した対候性
樹脂